Wonder.3 AI が気になる次世代マーケティングニュースをわかりやすくお届け。

今回はこちらのニュースの内容:

ドコモの森を活用した生物多様性保全ゲーム「もりまもり」を提供開始

NTTドコモ、生物多様性をテーマにした革新的なWeb3ゲームを開始

NTTドコモは、その長年にわたる森林保全活動を活かし、生物多様性をテーマにしたWeb3ゲーム「もりまもり」の提供を開始しました。
このゲームはドコモの森を舞台に、希少生物の保護を学びながら楽しむことが可能で、プレイヤーは環境整備のシミュレーションを通じて直接保全活動に参加します。

 

ゲームプレイと環境保全の連動

「もりまもり」では、プレイヤーがゲーム内で害獣捕獲や落葉の除去といった環境整備活動を行います。これらの活動を通じて、希少生物が生息しやすい環境を作り出し、ゲームの進行と共にレベルアップしていきます。レベルが上がると新たな希少生物が現れ、これらの生物の生息環境を維持することでプレイヤーはNFTを獲得できます。

 

さらに、獲得したNFTの数に応じて、ドコモは実際の植林活動を行うという仕組みが設けられています。このゲーム設計により、バーチャルの活動がリアルワールドの環境改善に直結するため、プレイヤーは遊びながら実際の生物多様性保全に貢献している実感を得ることができます。このように、ゲームプレイと環境保全活動の連動は、デジタルと現実世界の境界を曖昧にし、新たな形の環境保護参加を促進します。

 

まとめ

「もりまもり」のリリースは、テクノロジーと環境保全の融合が新たな形で進行している点に非常に注目すべきだと感じます。特に、NFTというデジタル技術を活用して具体的な環境活動に直結させる試みは、参加型の環境保護活動におけるイノベーションの良例と言えるでしょう。

 

情報ソース:

https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/04/16_00.html

 

https://www.kankyo-business.jp/news/4737e735-5169-4c3c-b9c2-9e29145f6bed

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です